サラリーマンが会社設立をすると所得税を節税できる! - 自分でやってみる?会社設立の電子定款

自分でやってみる?会社設立の電子定款
Home » 電子定款で会社設立 » サラリーマンが会社設立をすると所得税を節税できる!
ribbon

サラリーマンが会社設立をすると所得税を節税できる!

 
サラリーマンが独立して会社設立をするという話はよく聞くのですが、どうしてサラリーマンが会社設立をするのでしょうか。
会社設立する理由としては夢を叶えたいという人もいるのですが、中には節税が出来るということで会社設立をする人もいるそうです。
そこで、サラリーマンが会社設立をして所得税を節税する方法について見ていきましょう。

 
・所得税の税率と計算方法!
株式会社や法人として会社設立をする場合、今までサラリーマンとして働きてきたときに比べると所得税を節税できるそうです。
と言うのも、日本では所得の額に応じて税金が発生する仕組みになっていて、高所得者の場合は多額の所得税を納付しなければなりません。
所得税の税率は国税庁のホームページやインターネット等で確認ができるのですが、所得が300万円だという人の場合は10%の税率となり、控除額を除いた金額が所得税となります。
この場合の計算方法は300万円(所得)×10%(税率)-97,500円(控除額)=202,500円の所得税を納付することになります。
「所得税って今まで気にしたことはなかったけど、こんなに高かったの?」と思う人もいるでしょう。
そんなときは自分で会社設立をして、所得税を節税しちゃいましょう。

 
・所得税を節約する方法!
会社設立をすると法人税として所得税を納付することになります。
この法人税と言うのは一定の税率となり、サラリーマン時代に支払っていた所得税に比べて安くすることが出来ますよ。
また、会社設立をした後は、設立から2年間は消費税免除などのメリットがあるので、さまざまな面から税金について考える場合は利点が多いと考えられます。
よって、何か節税できる手立てがないかと考えるサラリーマンは、会社設立をして所得税を節税してみましょう。
また、経費を多く計上して所得を抑えたいという場合や家族・親族を役員にする際にも、所得税を抑えることが出来ますよ。
所得税を節税したいのであればこういった方法から節税を考え、会社設立をしたほうがお得になると考えられます。

 
このようにサラリーマンとして働いている場合は、所得に応じた額の所得税を納付しなければなりません。
これにより、高収入を得ているサラリーマンの場合は、多額の所得税を納付することになります。
所得税を節税する方法として一般的に活用されるのは会社設立で、法人で設立をすれば法人税として一定の税金を支払うだけで済みますよ。
会社設立した場合は他にも所得税を節税する方法があるので、まずは自分の会社を設立させることを考えましょう。

電子定款で会社設立 | 11月26日更新