電子定款で会社設立の記事一覧 - 自分でやってみる?会社設立の電子定款

自分でやってみる?会社設立の電子定款
ribbon

会社設立後は青色申告の届出

 

会社設立後にすることの1つとして、重要なのが青色申告の届出です。
これに関しては、どの会社でも企業でも行う必要が出てくるので、しっかりと確認しておくことをおすすめしたいです。
そもそも青色申告とは何かというと、確定申告の種類の1となっています。
確定申告には白色申告と青色申告があり、簡単に言うと1年間に得た収益や利益を計算し、所得を申告して税金を納付するための手続き・申請のようなものです。
主に個人事業主やフリーランスにも関わってくる話なのですが、日本でお金を稼ぐということには、必ず申告が必要となってきます。
無断でお金を稼いで申告していないと、いわゆる脱税になってしまうので注意が必要です。
そんな申告の中で、使われているのが白色申告と青色申告です。
具体的にその違いについても大きいのですが、まずはどちらの申告を行うのかを考えておくことが必要となります。

白色申告と青色申告に関しては、まず控除される金額が違ってきます。
収益や利益から控除される金額がそれぞれ設定されており、基礎控除の他に白色申告と青色申告で、違った控除が用意されています。
青色申告の方が白色申告よりも控除額が大きいということで、大抵の企業や会社は青色申告を行っています。
ただ、個人事業主やフリーランスの場合は、白色申告を行っている方も多いです。
ちなみに、自営業の方も白色申告は未だに多く、青色申告は会社や企業がやっているものというイメージを持っている方が多いです。
ただ、青色申告をするためには、その申告をする前の年から届出が必要で、税務署から許可されている必要があります。
いきなり「青色申告をします」と言ってもできないので、そこはしっかりと事前に届出を出しておくことが必要です。
ただ、その際に必要となる条件などは特になく、単純に届出さえ出しておけば問題はありません。

ちなみに、青色申告をする場合には、やはり必要となってくることもあります。
まず、青色申告の場合は複式簿記による貸借対照表や損益計算書、その他にも決算書が必要となります。
こればかりは会社や企業としてやっていくならしっかり作成しなくてはならないため、申請に必要なもの自体は作っているというところが多いでしょう。
近年は帳簿に関しても、以前は白色申告の場合は必要なかったのですが、個人でも法人でも保存が必須となっています。
そのため、帳簿を作成する手間を考えると、やはり控除額が大きい青色申告の方が良いと言えるでしょう。

電子定款で会社設立 | 10月26日更新
ribbon

会社設立における取締役会を設置するか否か!それぞれのメリット・デメリット

 

会社設立をするとき会社の内部事情まであまりよく知らないため、どうして取締役会が必要なのかと思ってしまう人も多いと思います。
取締役会を設置するか否かについては自由に決められるのですが、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
そこで、取締役会のメリット・デメリットについて見ていきたいと思います。

・取締役会を設置したときのメリット!
取締役会というのは株主総会で決められた取締役3名以上で構成されるもので、会社の業務執行の意思を決定するためのものです。
取締役会を設置したことで得られるメリットは、株主総会で決められた取締役3名以上で業務執行をすることで株主総会を開催する必要がなくなるという部分です。
これにより、スピーディーに会社経営をすることができるようになり、取締役会があることで信用性が高まり、融資やビジネスで有利に動けるようになります。
取締役会を設置するか否かは会社設立するときに定款の作成で決めるのですが、公開会社にするときは取締役会の設置が必須となります。
尚、取締役会は3名以上が必要なので、2名では取締役会を設置できません。

・取締役会を設置したときのデメリット!
一方、取締役会を設置したときはメリットだけでなく、デメリットも発生してしまいます。
取締役会を設置するときは監査役や合計参与も必要になるので、役割報酬の負担が増えてしまう恐れがあります。
また、株主総会の権限が少なくなるため、株主は共益権の行使が制限されてしまいます。
取締役会を設置するときの手続によるデメリットとしては、取締役会を設置しない会社を設立するのであれば定款で1週間程度で認証してもらえるのですが、取締役会を設置する場合は2週間前までに行わなければなりません。

これらのメリット・デメリットを見てみると、取締役会を設置するべきなのか否かについてはよく検討したほうがよさそうです。
メリットばかりを重視してしまうと、デメリットを感じやすくなってしまうので、デメリットを考慮したうえで取締役会を設置したほうがいいでしょう。
取締役会を設置するか否かは定款の作成で決めることになるので、取締役が3人以上いれば取締役会を設置できますよ。
会社を設立して小規模なビジネスを行っていくのであれば、取締役会がない方が自由性は高くなりますが、会社を大きくしていきたいという希望がある場合はデメリットを考慮したうえで、取締役会を設置しておいた方がよさそうです。

電子定款で会社設立 | 09月26日更新
ribbon

会社設立を簡素化する方法

 

会社設立にはいろいろな書類が必要になりますし、時間もある程度必要になるのですが、やり方によっては簡素化することも可能です。
通常会社設立のために必要な書類は、提出先が異なっているのが一般的です。

そのため、いろいろな場所に提出に行かなければいけなくなるのですが、これを一元化することができます。
要するに1箇所で多数の手続きが可能になるのですが、これをワンストップサービスと言います。

このワンストップサービスは、書類などの受付だけではなく、起業に関する相談もつけつけているので、会社設立のことでわからないことがあれば、気軽に相談をしてみましょう。
このような簡素化のサービスがあることで、相当手続きが楽になります。

最近は外資が簡単に日本へ参入できるため、英文で書かれた書類の処理も簡単にできるようになっているのです。
日本人が日本で起業するにはあまり関係ありませんが、外人が起業する場合や、外国の企業に勤務している日本人のスタッフが手続きをする場合には便利になったと言えるでしょう。

現在ではオンラインでの申請手続きを行えるように進められているので、今後はオンラインでの手続きができる時代が来るかもしれません。
昔は株式会社として設立する場合には、1000万円以上の資本金が必要でした。

有限会社を設立する場合でも、300万円以上の資本金が必要であったため、その分手続きも面倒だったのですが、現在では資本金に関係なく株式会社を設立することができます。
これも簡素化されてきた理由の1つだといえるでしょう。

このような改革が行われたのは2006年のことなのですが、これ以降個人事業主が株式会社化することも簡単に行えるようになったのです。
そのための手続きも比較的簡素化されているので、最初は個人事業主としてスタートし、それから株式会社にするという方法をとることでも、若干簡素化できるといえるでしょう。

これを法人成りと呼んでいます。
ワンストップサービスの導入も簡素化された理由なのですが、資本金に関係なく株式会社の設立ができるようになったのも、簡素化された理由になるのです。

そして先ほども触れた手続きのオンライン化が実現すれば、本来であれば会社設立に10日ほど必要になっていた日数が、たった1日に短縮できると言われています。
ただし、日本国民の番号で管理するマイナンバーが必要になると言われているのですが、このマイナンバーを使って情報の共有を行うことから、情報漏えいの心配も出てくるでしょう。

電子定款で会社設立 | 08月26日更新
ribbon

自分で作った体験談

私の体験談で恐縮ですが、会社設立のときに電子定款を自分で作りました。
やってみる前は難しいと思っていたのですが、ゆっくりと手順を調べながらやっているうち、気づけばできていましたので、やってみるもんだなと。
電子定款を自分で作ることにしたのは、私が作るのは従業員が私一人の小さな会社で、事業拡大の予定もなかったからです。
ですからできるだけ費用を抑えたくて、収入印紙がいらない電子定款を自力で作ることにしたんですよ。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

会社設立の電子定款、代行に比べてお得?

会社設立で必要な電子定款を自分で作るのは、代行に比べてお得なんでしょうか?
この点については、自分で手続きすることを決めたあとでも、しっかりチェックしておくといいです。
自分でやった方がお得なように思えますが、場合によっては代行をお願いした方が安く済む場合もあります。
どちらがお得なのかは、実際に電子定款の自作に向けて準備を進めていく中でわかることが多いです。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

電子定款は相談もオススメ

会社設立するときに必要な電子定款は、相談しながら作るのもオススメです。
基本的には自分で作ることに決めた方も、わからないことは専門家や届け出先の窓口などで相談しながら作るといいですよ。
コレがオススメなのは、電子定款の作成は個人でもできるものの、誰にも相談せずにほとんどの方が作れるほど、簡単でもないからです。
名古屋で相談するならベンチャーサポート税理士法人がおすすめです。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

電子定款を自分で作るときの注意点

自分で会社設立用の電子定款を作る場合の注意点をご紹介します。
まず必要なPCの環境についてチェックしておきましょう。
電子定款の作成にPCが不可欠ですが、どんなPCでもいいわけではありません。
電子定款では、専用のソフトをたくさん使います。
電子署名を添付するためのソフトや、電子定款を送付するためのソフトなど、それぞれの用途は限定的ですが、これらが使えないと手続きが進みません。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

自分で電子定款を作るときの費用は?

会社設立で必ず必要になる定款。
これを電子定款で作ると費用が安くなると評判ですが、自分で本当にやると費用はどれくらいかかるのでしょうか?
まずコレを選ぶことによって省けるのは、紙で作ったときに必要になる4万円です。
電子定款には収入印紙がいらないため、本来は必要なこの出費がなくなります。
だったらこっちの方がお得といえそうですが、これを選ぶことによってかかる費用もあります。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

電子定款の作成方法

電子定款で会社設立したいとき、それを作る方法はやや特殊になります。
知っておきたいその特殊な手続きのポイントをご紹介します。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

電子定款での会社設立、知っておきたい手続きとは

自分で電子定款を作り、それで会社設立したい場合、手続きがやや特殊になると言われますよね。
その手続きの中で知っておきたいポイントをご紹介します。
それは電子署名についてです。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新