電子定款とは - 自分でやってみる?会社設立の電子定款

自分でやってみる?会社設立の電子定款
Home » 電子定款で会社設立 » 電子定款とは
ribbon

電子定款とは

電子定款とはなんでしょうか?
コレを選ぶと会社設立にかかる費用が安くなるため、こちらにすることを即決した方もおられるでしょう。
しかし電子定款についての基本を知らないと、手続きが非常に難しくなりますので、これら基本も確認しておくといいですよ。

電子定款とは、会社設立時に必ず必要になる定款という書類を、電子形式で作ったものです。
定款とは、その会社に関係する基本情報から運営規則など、さまざまな情報を記載した重要書類です。
これがないと会社は作れません。
しかもこの書類は印紙税の対象になるため、紙で作ると収入印紙が4万円ほど必要になります。
会社設立でかかる大きな費用の1つですが、対象は紙で作った書類が原則です。
定款は電子式で作るのも認められており、こちらにすると紙でないため、収入印紙の貼り付けも不要です。
紙で作ったときより4万円ほど安くなるため、興味を持つ方が多いんですね。

これが電子定款の基本ですが、自分で作れると感じる方も多いでしょう。
最近は書類等をPCで作成し、電子データとして保管・運用するのも普通になりましたよね。
定款もむしろ電子式で作った方が楽だと感じるかもしれませんが、普通の書類と違う点もあります。

普通の書類なら電子データ上で作成し、それを印刷したり、そのデータを渡せば完了することが多いですよね。
しかし定款の場合、公式書類の1つになりますので、それが確かに会社設立した本人が作ったものという証明をしないといけません。
これがない電子定款は、たとえその文書自体に全く問題がなく、紙で印刷すればすぐに定款として提出できる状態だったとしても、受付されません。

その定款の内容に問題がないことに加えて、それを作った本人の証明を加えたものが、正式な電子定款として認められます。
ここまでやって初めて電子定款として提出できる状態になるんです。
このように電子定款とはやや特殊な公的書類であり、ただ電子データとして作成すればいいわけではありません。
このような基本を知った上で、やはりコレを自分で作りたい方は、作り方などはよく調べてくださいね。

電子定款で会社設立 | 06月02日更新