会社設立の電子定款、代行に比べてお得? - 自分でやってみる?会社設立の電子定款

自分でやってみる?会社設立の電子定款
Home » 電子定款で会社設立 » 会社設立の電子定款、代行に比べてお得?
ribbon

会社設立の電子定款、代行に比べてお得?

会社設立で必要な電子定款を自分で作るのは、代行に比べてお得なんでしょうか?
この点については、自分で手続きすることを決めたあとでも、しっかりチェックしておくといいです。
自分でやった方がお得なように思えますが、場合によっては代行をお願いした方が安く済む場合もあります。
どちらがお得なのかは、実際に電子定款の自作に向けて準備を進めていく中でわかることが多いです。

自分で作った方がお得になるのは、この電子定款に必要な環境を整えるために、あまり費用がかからない方です。
特にPDF操作のためのソフトをすでに持っている方は、その他の必要経費を含めても自分で作った方がお得になることが多いですね。
自分で電子定款を作れば収入印紙代の4万円が不要になりますし、代行も頼んでいませんので、それ以上の手数料も不要です。
そしてこの電子書類の自作のために必要となるその他の準備物は、市役所で発行してもらった電子署名を読み取るカードリーダーくらいです。
コレにかかる費用は、安ければ1000円ほど、高くても3000円ほどですからね。

これくらいの準備物があれば、今ある環境で定款を作れます。
定款は無料のひな形などを使って作成し、公証役場の窓口などでチェックを受けるといいでしょう。
手続きに注意は必要ですが、1つずつ丁寧にこなしていけば自力で電子定款を完成させられるでしょう。

コレに比べて、代行を頼んだ方がお得なのは、電子定款を作成するための必要物がほとんどない方です。
PCはあるものの、PDFのためのソフトがない場合、コレを用意するのに3万円以上かかりますからね。
コレが必要なら、電子定款の作成や認証だけを代行してくれる専門家を頼った方が、安く済むことがあります。
ここだけなら、2〜3万円程度で代行してくれる専門家はいます。
これなら代行を頼んだ方がお得ですね。

このように電子定款の自作と代行を頼むのとで、どちらがお得とは一概に言えません。
どちらにせよ自作するつもりならいいですが、費用の節約を目的とした自作なら、代行時のお得度とよく比べてくださいね。

電子定款で会社設立 | 06月02日更新