電子定款は相談もオススメ - 自分でやってみる?会社設立の電子定款

自分でやってみる?会社設立の電子定款
Home » 電子定款で会社設立 » 電子定款は相談もオススメ
ribbon

電子定款は相談もオススメ

会社設立するときに必要な電子定款は、相談しながら作るのもオススメです。
基本的には自分で作ることに決めた方も、わからないことは専門家や届け出先の窓口などで相談しながら作るといいですよ。
コレがオススメなのは、電子定款の作成は個人でもできるものの、誰にも相談せずにほとんどの方が作れるほど、簡単でもないからです。

そもそも定款の作成自体、完全に自力でやれる方は少ないですね。
定款に記載することは、会社の名前となる商号、本店所在地、代表者の氏名など、基本的な会社の情報です。
これから作る会社の基本情報ですから、会社を作る方が自分で決めて、これら項目を埋めていく必要があります。
どんな会社でも絶対に記載すべき内容はありますし、記載が義務ではないものの、ほとんどの場合は記載しておく項目などもあります。
これらも一つずつ調べながらやっていけば個人でも作れますが、だいたいは専門家に代行を依頼したり、それらの方に相談しながら作る方が多いですね。

特にそれが電子定款の場合、一度清書したあとはもう一切の修正ができません。
定款の内容に不備があったり、直したい部分があれば、その草案を修正したものをPDF化し、それに電子署名を付けて送信するなど、手続きが全部やり直しとなります。
この点からも、電子定款を自分で作る場合、基本的には自分で手続きしたい方でも、定款の作成方法や、作った定款のチェックなどは、きちんと相談した方がいいですよ。

また、電子定款の作成や手続き方法について、専門家が案内をしてくれる場合もあります。
普段からこの手続きの代行を請け負っている、行政書士や司法書士などのアドバイスは、実際に手続きする中で役立つものが多いです。

これら相談に関する費用は、基本的な手続きの内容なら無料で済む場合もあります。
定款のチェックをお願いすると有料となる場合もありますので、ココを無料で済ましたいなら、専門家ではなく公証役場の窓口などで相談するのがオススメです。
このような相談をうまく使うと、会社設立にかかる電子定款の自作もスムーズにいきやすいですよ。

電子定款で会社設立 | 06月02日更新