自分で電子定款を作るときの費用は? - 自分でやってみる?会社設立の電子定款

自分でやってみる?会社設立の電子定款
Home » 電子定款で会社設立 » 自分で電子定款を作るときの費用は?
ribbon

自分で電子定款を作るときの費用は?

会社設立で必ず必要になる定款。
これを電子定款で作ると費用が安くなると評判ですが、自分で本当にやると費用はどれくらいかかるのでしょうか?
まずコレを選ぶことによって省けるのは、紙で作ったときに必要になる4万円です。
電子定款には収入印紙がいらないため、本来は必要なこの出費がなくなります。
だったらこっちの方がお得といえそうですが、これを選ぶことによってかかる費用もあります。

まず必要なのは、基本的なPC環境ですね。
コレがある方はいいですが、ない場合は用意が必要です。
PCのスペック自体はそれほど高くなくてもOKですので、電子定款のためだけにコレを用意するなら、お手頃価格のものを選んだとして3〜5万円程度がまず必要です。

そして次に、PDFの閲覧や作成ソフトが必要です。
コレが入っていない場合、約3万5000円ほど必要になります。
このソフトとは、テキストソフトのことではありません。
普通のテキストソフトでできるのは、文書の作成だけです。

電子定款のためには、ココで作った原稿を、編集のできないPDF形式に変換する必要があります。
しかもただ編集できない状態にすればいいのではなく、その文書に作った本人の署名を貼り付けられる特殊な形式を選ぶ必要があるんです。
このためにはフリーの文書ソフトでは対応できないことが多く、有料のPDFソフトが必要になることが多いですね。
このソフトもPCによっては最初からインストールされていることが多いですが、もしない場合は購入が必要になりますので、ココで費用がかかります。

あと必要なのは、自分がこの定款を作ったという署名を貼りつけるための準備です。
このために必要なのが役所の発行するICチップ付きのマイナンバーカードと、それをPCで読み取るための専用のカードリーダーです。
マイナンバーカードは当面無料で発行されますが、このカードのリーダーは1000〜3000円ほど必要になります。

電子定款を作ると以上のような費用が必要です。
人によって必要なものは変わりますが、用意するものが多い場合、コレを選ぶことで省ける4万円とほぼ同じか、それを超える出費になりますので、気を付けてください。

電子定款で会社設立 | 06月02日更新