電子定款の作成方法 - 自分でやってみる?会社設立の電子定款

自分でやってみる?会社設立の電子定款
Home » 電子定款で会社設立 » 電子定款の作成方法
ribbon

電子定款の作成方法

電子定款で会社設立したいとき、それを作る方法はやや特殊になります。
知っておきたいその特殊な手続きのポイントをご紹介します。

電子定款の草案をテキストデータで作ったあと、PDF化する必要がありますが、ここまではPC操作に慣れている方なら難しくありません。
ここでは定款の中身に問題がないか注意してくださいね。
公証役場などでチェックしてもらい、問題がないことを確認したらPDF化してください。
そしてこれに電子署名をつける必要がありますから、ICチップのついている身分証明書を持って、市役所でコレを申請してください。
申請が通れば、電子署名をその身分証明書に入れてもらえます。

このように定款をPDF化した後は、普段はなかなかすることのない手続き内容になります。
電子署名ももらえば終わりではなく、これを電子定款にきちんと添付しないといけません。
コレに必要なのが、ICカードリーダーです。
PCの周辺機器の1つで、ICチップ付きの身分証明書などを読み込む機械です。
電子定款を作っているPCにこの機械をセットし、電子署名を入れてもらったその身分証明書を読み込みます。
これでようやく市役所で発行してもらったその電子署名を、自分のPCの中に入れられるんです。

この手続きのため、ICカードリーダーは自分で用意しないといけません。
家電量販店などで売っていますので、購入しておきましょう。
機種はたくさんありますが、1000〜3000円ほどになることが多いです。

あとはこれを作成中の電子定款に添付するわけですが、このときにも専用のソフトが必要です。
このソフトは国が配布しており、費用はかかりませんが、このソフトがないと電子署名があっても添付ができません。
忘れずにダウンロードし、インストールもしておきましょう。

ここまでの準備をこなしてきて、電子定款に電子署名も添付できれば、これでようやく提出できる電子定款の完成です。
このように作成方法はただ電子データ上で定款を作れば終わりではなく、必要な準備物や手順が多いですから、あらかじめ手順を確認し、効率よくこなしていくといいですよ。

電子定款で会社設立 | 06月02日更新