電子定款と紙の定款との違い - 自分でやってみる?会社設立の電子定款

自分でやってみる?会社設立の電子定款
Home » 電子定款で会社設立 » 電子定款と紙の定款との違い
ribbon

電子定款と紙の定款との違い

定款は紙で作る方法と、データ上で作る方法とありますが、これらの違いはなんでしょうか?
電子定款が紙と大きく違うのは、かかる費用です。
データとして作った方が、費用を安く抑えられることがあります。

紙で作るとどうしても印紙税の対象となってしまい、印紙税代4万円が必要です。
コレを省ける点が、電子定款の大きな特徴です。
これがあるから、こちらで作るつもりの方も多いでしょう。

その代わりに、手続きがやや特殊になる点は要チェックです。
コレを含めるとあまりお得だと思えないときは、紙の定款に戻すのもオススメですよ。
あくまで定款を自分で作るなら、紙の定款の方が簡単です。
その定款の中身に問題がなければ、あとは印刷すれば終わりですからね。
それに収入印紙を貼れば、定款の完成です。

コレに比べて電子定款は、作るために専用のソフトや機器など、特定の環境がないと作れません。
一つ一つの手間や準備物は、個人でも対応できます。
ただ、日常生活ではあまり使わない機器やソフトもここでは必要になるため、特定の準備物ナシで電子定款をすぐ作れる方は、あまりいないのが実情ですね。
このような手間がかかる点は、よく確認してください。
特にこの電子データ形式を選ぶ大きな利点は、一般的に手間の削減ですよね。
紙の文書を作成するよりは、電子データ上だけでやり取りした方が、手間が少なくなることが多いです。

この傾向は、電子定款を自分で作成するときも当てはまるとは限りません。
作成の流れや準備物を自分で調べ、用意するところから始めないといけない場合、紙で作るときよりも手間がかかることもあるでしょう。
会社設立を急いでいるときなどには、ややデメリットとなる特徴です。
創業から営業開始まで、あまり時間をかけられない方は注意してください。

ただ、電子定款にすれば収入印紙代4万円を省けるのは確かで、コレが大きな利点になる方も多いでしょう。
会社を作るまでにかかる時間や手間より、とにかく費用を少しでも抑えたいときは、紙で作るより電子定款の方が有利です。

電子定款で会社設立 | 06月02日更新