電子定款で会社設立の記事一覧 - 自分でやってみる?会社設立の電子定款

自分でやってみる?会社設立の電子定款
ribbon

会社設立を簡素化する方法

 

会社設立にはいろいろな書類が必要になりますし、時間もある程度必要になるのですが、やり方によっては簡素化することも可能です。
通常会社設立のために必要な書類は、提出先が異なっているのが一般的です。

そのため、いろいろな場所に提出に行かなければいけなくなるのですが、これを一元化することができます。
要するに1箇所で多数の手続きが可能になるのですが、これをワンストップサービスと言います。

このワンストップサービスは、書類などの受付だけではなく、起業に関する相談もつけつけているので、会社設立のことでわからないことがあれば、気軽に相談をしてみましょう。
このような簡素化のサービスがあることで、相当手続きが楽になります。

最近は外資が簡単に日本へ参入できるため、英文で書かれた書類の処理も簡単にできるようになっているのです。
日本人が日本で起業するにはあまり関係ありませんが、外人が起業する場合や、外国の企業に勤務している日本人のスタッフが手続きをする場合には便利になったと言えるでしょう。

現在ではオンラインでの申請手続きを行えるように進められているので、今後はオンラインでの手続きができる時代が来るかもしれません。
昔は株式会社として設立する場合には、1000万円以上の資本金が必要でした。

有限会社を設立する場合でも、300万円以上の資本金が必要であったため、その分手続きも面倒だったのですが、現在では資本金に関係なく株式会社を設立することができます。
これも簡素化されてきた理由の1つだといえるでしょう。

このような改革が行われたのは2006年のことなのですが、これ以降個人事業主が株式会社化することも簡単に行えるようになったのです。
そのための手続きも比較的簡素化されているので、最初は個人事業主としてスタートし、それから株式会社にするという方法をとることでも、若干簡素化できるといえるでしょう。

これを法人成りと呼んでいます。
ワンストップサービスの導入も簡素化された理由なのですが、資本金に関係なく株式会社の設立ができるようになったのも、簡素化された理由になるのです。

そして先ほども触れた手続きのオンライン化が実現すれば、本来であれば会社設立に10日ほど必要になっていた日数が、たった1日に短縮できると言われています。
ただし、日本国民の番号で管理するマイナンバーが必要になると言われているのですが、このマイナンバーを使って情報の共有を行うことから、情報漏えいの心配も出てくるでしょう。

電子定款で会社設立 | 08月26日更新
ribbon

自分で作った体験談

私の体験談で恐縮ですが、会社設立のときに電子定款を自分で作りました。
やってみる前は難しいと思っていたのですが、ゆっくりと手順を調べながらやっているうち、気づけばできていましたので、やってみるもんだなと。
電子定款を自分で作ることにしたのは、私が作るのは従業員が私一人の小さな会社で、事業拡大の予定もなかったからです。
ですからできるだけ費用を抑えたくて、収入印紙がいらない電子定款を自力で作ることにしたんですよ。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

会社設立の電子定款、代行に比べてお得?

会社設立で必要な電子定款を自分で作るのは、代行に比べてお得なんでしょうか?
この点については、自分で手続きすることを決めたあとでも、しっかりチェックしておくといいです。
自分でやった方がお得なように思えますが、場合によっては代行をお願いした方が安く済む場合もあります。
どちらがお得なのかは、実際に電子定款の自作に向けて準備を進めていく中でわかることが多いです。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

電子定款は相談もオススメ

会社設立するときに必要な電子定款は、相談しながら作るのもオススメです。
基本的には自分で作ることに決めた方も、わからないことは専門家や届け出先の窓口などで相談しながら作るといいですよ。
コレがオススメなのは、電子定款の作成は個人でもできるものの、誰にも相談せずにほとんどの方が作れるほど、簡単でもないからです。
名古屋で相談するならベンチャーサポート税理士法人がおすすめです。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

電子定款を自分で作るときの注意点

自分で会社設立用の電子定款を作る場合の注意点をご紹介します。
まず必要なPCの環境についてチェックしておきましょう。
電子定款の作成にPCが不可欠ですが、どんなPCでもいいわけではありません。
電子定款では、専用のソフトをたくさん使います。
電子署名を添付するためのソフトや、電子定款を送付するためのソフトなど、それぞれの用途は限定的ですが、これらが使えないと手続きが進みません。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

自分で電子定款を作るときの費用は?

会社設立で必ず必要になる定款。
これを電子定款で作ると費用が安くなると評判ですが、自分で本当にやると費用はどれくらいかかるのでしょうか?
まずコレを選ぶことによって省けるのは、紙で作ったときに必要になる4万円です。
電子定款には収入印紙がいらないため、本来は必要なこの出費がなくなります。
だったらこっちの方がお得といえそうですが、これを選ぶことによってかかる費用もあります。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

電子定款の作成方法

電子定款で会社設立したいとき、それを作る方法はやや特殊になります。
知っておきたいその特殊な手続きのポイントをご紹介します。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

電子定款での会社設立、知っておきたい手続きとは

自分で電子定款を作り、それで会社設立したい場合、手続きがやや特殊になると言われますよね。
その手続きの中で知っておきたいポイントをご紹介します。
それは電子署名についてです。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

電子定款と紙の定款との違い

定款は紙で作る方法と、データ上で作る方法とありますが、これらの違いはなんでしょうか?
電子定款が紙と大きく違うのは、かかる費用です。
データとして作った方が、費用を安く抑えられることがあります。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新
ribbon

電子定款とは

電子定款とはなんでしょうか?
コレを選ぶと会社設立にかかる費用が安くなるため、こちらにすることを即決した方もおられるでしょう。
しかし電子定款についての基本を知らないと、手続きが非常に難しくなりますので、これら基本も確認しておくといいですよ。
(さらに…)

電子定款で会社設立 | 06月02日更新